通信講座で人気のボールペン字と簿記

通信講座情報

通信

manabu

通信講座というのは直接的な教育を行なうのではなく、何らかの通信手段を用いて行われる教育システムのことを指します。
通信手段の方法は教材(テキスト)、電話、郵便と言われるものが使われており、近年ではインターネットを通して行われる通信講座もあります。

通信を使った教育が選ばれる背景には、現代人が抱えている仕事やプライベートによる多忙な日常生活が影響しています。
これにより、個々の自由な時間を使って教育を受けることができる通信講座という方法が採択されています。

市場

tuusin

通信講座の市場はMDB市場情報によると、2002年の段階まで1兆円に満たない市場でありました。
しかし、翌年の2003年には1兆円超えを果たし、さらにその2年後の2005年には1兆1,000万円というところにまで急成長を遂げました。

この市場動向の背景には、個々で考えられる生涯学習の必要性と受験対策として用いられたことが大きいとされています。
今後は市場規模のさらなる拡大を目指し、教育分野の発掘やターゲット層の拡大をもって通信講座は成長を遂げていきます。

目的

通信講座で受けることのできる講座は様々なものに分布されていて、個々の身につけたい知識と能力が学べるものが選ばれます。
大きく分けると、【資格】【実用】【趣味】というようなジャンルに分けられており、あらゆることが学べるようになっています。

人気の高い通信講座の中には、資格を取得するための簿記や実用性を兼ねたボールペン字があります。
これらの選択は、自分が教育を通して成し遂げたい目的に応じて選ばれることが一般的です。